持続可能な農業

普及・啓発

本事業では、持続可能な農業の技術開発や調査研究、また持続可能な畜産の技術開発などの成果に基づき、日本国内の様々な地域において実証的な栽培や飼育を行い、来場者に対する普及、啓発を行います。

平成28年度は、主に以下の事業を進めます。


1.大仁研究農場

①「持続可能な農業の栽培技術による水稲、畑作、野菜等の実証栽培」
②「持続可能な畜産および養鶏システムの実証展示」


2.全国9研究農場等

栽培技術等の全国各地での地域適応性を評価するため、全国9カ所の研究農場(名寄(北海道)、秋田(秋田県)、長野阿南(長野県)、白山(石川県)、福知山(京都府)、京都岩倉(京都府)、鳥取(鳥取県)、鹿児島(鹿児島県)、大宜味(沖縄県))等において、それぞれ大仁研究農場と連携を取り、次の事業を行います。

(1) 持続可能な農業の栽培技術による水稲、畑作、野菜等の実証栽培
(2) 持続可能な農業に適した種の育成
(3) 持続可能な農業の実証展示圃場の公開、勉強会や講習会の開催
(4) 持続可能な農業の実証栽培に関わる事業の受託
①「山田川自然の里有機農業普及業務委託」(静岡県三島市)
②「加賀市環境保全型農業実証事業」(石川県加賀市)

farmmap.gif

トップへ戻る