財団について

沿革

 

1975年

北海道名寄市に名寄農場を開設。自然農法の研究、実証展示を開始。

1981年 財団法人環境科学総合研究所設立。環境の視点から自然農法を研究。
1982年 静岡県大仁町(現・伊豆の国市)に大仁農場を開設。自然農法の研究、実証展示を開始。
1983年 財団法人微生物応用技術研究所設立。
1985年 財団法人自然農法国際開発研究センター設立。
1990年 大仁農場内に自然農法大学校(現・農業大学校)を開校し、新規就農者の育成を開始(これまでに約300人の就農者を輩出)。
1990年 大仁農場内に自然農法大学校(現・農業大学校)を開校し、新規就農者の育成を開始(これまでに約300人の就農者を輩出)。
1995年 自然農法国際研究開発センターの研究・教育研修事業の一部を、微生物応用技術研究所に移管。
2011年 微生物応用技術研究所が環境技術研究所を合併。
2013年 公益法人制度改革により、微生物応用技術研究所が、公益財団法人農業・環境・健康研究所に移行。

トップへ戻る