財団について

ごあいさつ

理事長写真

本研究所は、生命の源である食糧を得る農業の振興を図りながら、生活とも深い関わりのある地球環境を守り、人類の健やかな心身を育んでいける永続的な社会システムの構築に貢献することを目的としています。

現在、地球規模で様々な問題が生じていることは皆さまもご承知のことと思います。それらの解決には多くの努力や時間が必要です。本研究所の名称にあります「農業」と「環境」と「健康」はそれぞれ独立した関係にはありません。「環境」が「農業」と「健康」を繋ぐ鍵となるものだと理解しています。このような視点から、本研究所では、第一に自然農法や有機農法といった持続可能な農業の技術開発や研究、教育研修や普及拡大を進めます。次に、持続可能な農業やその農産物が環境や心身の健康に与える影響について、正しく評価するシステムを構築したいと考えています。同時に、「農業」と「健(医)」が連携することで、人々が豊かに生きるための「農医連携」の実践にも努めてまいります。

このような大きな取り組みは本研究所だけでは果たしきれるものではありません。志を同じくする個人や団体と協力しながら、広く社会貢献していく所存であります。

多くの方々のご理解とご協力を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

 

代表理事 木嶋 利男

トップへ戻る